♪うさぎ♪Family♪

毎日が運動会☆元気いっぱいなうさーずとの楽しい暮らしを紹介します☆2011.10.25にミドリガメの福ちゃんも仲間入りしました☆

                  03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勉強会

3月10日(土) 続きです。。。

サクさんでお買いものして、近くでお昼ご飯を食べて

勉強会の会場まで向かいました。

愛玩動物飼養管理士の勉強会で、テーマは「埼玉県の動物愛護行政について」

 勉強会

埼玉県の動物愛護管理推進計画、動物愛護法の見直しについて、

特定外来生物について、東日本大震災に関連するお話など

沢山の話を聞くことが出来ました。

特定外来生物の中に、我が家の福ちゃんと同じ、

ミシシッピアカミミガメも含まれています。

もともと日本にいる在来生物の生態系などに被害を及ぼす、

または及ぼす可能性がある生物ということですが

飼えなくなったからと言って簡単に捨てるような人間が悪いんですよね・・

そういう人間がいなくなってほしい・・

犬や猫、うさぎなどの小動物も、爬虫類も、動物たちの命を

軽く考えないでほしいです。

可愛い!欲しい!安い!

そのような安易な気持ちでお迎えはしてほしくない。

毎日のお世話だけではなく、医療費や飼育環境、すべてにお金がかかります。

屋台のカメも簡単には飼えません。

屋台のおじさんは簡単に飼えるようなことを言うみたいですが

カメだって懸命に生きています、川や池に放せば何とかなるなんて思わないでほしい。

ちゃんと飼えば、保温ライトや紫外線ライト、ヒーター等々、お金もかかります。

成長して大きくなります。

適当にえさやっておけばいいなんて思わないでほしい。



・・とすみません、話がそれてしまいましたが

今回お話してくださった担当者の方は、実際に東日本大震災で被害にあわれた

福島のシェルターや宮城県動物愛護センター、仙台動物管理センターに行って

現地で働く方々のお話を聞き、実情などをお話してくださいました。

勉強会終了後に、残った支部会員の皆さんと色んなお話をしました。

被災地の動物たちについて、ボランティアについて、その他いろいろ、

たくさんの意見を聞いて、自分自身も色々と考えされられることがたくさんありました。

防災についてもあらためて考えさせられました。

万が一の時、多頭いるうさぎ達、そしてカメの福ちゃんを守れるのは

私達夫婦しかいないのだから。。。







こちらはちょっと前になりますが、

特定非営利活動法人「LOVE&PEACE」にて購入したマグネットです。

 LOVE&PEACE

自分には大きな力はないし、役に立てることも少ないかもしれないけど

自分に出来ることはしていきたいと思います。






ぽちっと応援よろしくお願いします↓

バナー 
スポンサーサイト

| 動物愛護 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

動物ふれ愛まつり

 10月2日(日)

毎年恒例の、「小江戸動物ふれ愛まつり」が開催されました。

今年も愛玩動物飼養管理士として参加してきました。

普段は中々活動することができないのですが、

このイベントだけは毎年参加しています。

今年も小動物のふれあい広場のお手伝いをしました。

暑すぎず、寒すぎず、気温もちょうどいい感じだったので

動物さん達にはちょうどいい気温かな・・



ふれあい広場は大忙しで、整理券もあっという間になくなっちゃった。

今年は例年以上に大盛況で、動物さん達もかなりお疲れだったよね・・

写真もあまり撮れませんでしたが、小動物コーナーは

他にクサガメちゃん、パンダマウスちゃんも来てました。

パンダマウスちゃんは手のひらサイズだから、

子ども達も抵抗なく触れるんでしょうね・・

中には「うーーーーん、ちょっと・・」って子もllllll(-_-;)llllll

でもとってもいい子だってたくさんいるのです。

そういう子達のご両親もまた優しい感じの方が多い。

おもちゃじゃない、命なのです。

だから追いかけまわしたり、 落としたりとかありえない。

ちっちゃい子どもで、撫でてるつもり?なのか、たたく子いますよね・・

そういう子が出ないよう、見張るのも大変なことですが

今の時代、子どもに対してどういう風に伝えれば一番いいのか、

とても悩みますね・・・

個人的には、ふれあい広場ってどうなんだろうって思うことも沢山あるのだけど・・

愛情を持って接して欲しいし、命を大切にして欲しい。

子ども達にちゃんと伝わってくれてたらいいのだけど・・

大きな動物さん達は、ヤギさん、羊さん、ブタさん、馬さんなどなどが来てました。



その他では、犬のしつけ方教室、警察犬訓練のデモンストレーション

講演「猫の飼い方、しつけ方」―猫の習性を知り、楽しく暮らそう―

講師/日本獣医生命科学大学獣医学科 水越美奈先生 などなど。。

「犬と猫と人間と」の上映もしていたそうですが、忙しくて他のところは

全然まわれませんでした。。

震災で亡くなった動物たちや、人間の身勝手などで捨てられた

まだまだ生きれたはずの命たち・・

その子達への献花台も設けられていました。

保健センターの方もおっしゃってましたが、楽しいだけのイベントではなく

こういった現実にも目をむけてもらいたいとのことでした。

涙ぐむ方もいらしたそうです。



ふれあい広場の可愛い動物たちを紹介します↓

ブログふれ3  動物ふれ愛まつり  

動物ふれ愛まつり 動物ふれ愛まつり 

動物ふれ愛まつり 動物ふれ愛まつり 

動物ふれ愛まつり 動物ふれ愛まつり 

動物ふれ愛まつり 動物ふれ愛まつり 

      動物ふれ愛まつり  動物ふれ愛まつり   
       

     動物ふれ愛まつり 

一緒にふれあい広場のお手伝いをした管理士の皆さんと♪

     動物ふれ愛まつり 

へびさんアップで!!よく見ると可愛いお目目♪

ボールパイソンちゃんは今年も大人気でしたよ☆

子どもや女性達には特に大人気♪男性は逃げ腰な方が多いかも・・・

中々触れ合う機会もないですものね。

             動物ふれ愛まつり
 
今年も首にまかせてもらいましたが、ずっしりと重かったですよ。

ちょっと写真じゃ見づらいですが、とっても可愛い子ちゃんでした。



ポチっと応援よろしくお願いします↓

うさぎブログ

| 動物愛護 | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

動物ふれ愛まつり

 10月24日(日)埼玉県川越市の保健センターで

毎年恒例の「小江戸動物ふれ愛まつり」が開催されました。

幸いお天気も恵まれ、たくさんのお客様がいらっしゃってました。

今年もまた、愛玩動物協会埼玉県支部より、

愛玩動物飼養管理士としてお手伝いさせていただきました。

気が付けば、2006年から毎年参加させていただいています。

愛玩動物協会では、動物ふれあい広場、ペットの飼育相談、

動物クイズ、ゲームを担当しています。

私は毎年、小動物のふれあい広場のお手伝いをしています。

その他は恒例のポニー乗馬、獣医師による動物ふれあい教室、

動物折り紙教室や、動物ふうせんを作るコーナー、

ペットの食事、栄養相談コーナーなどがありました。

イベントはドッグダンス、犬のしつけ方教室、歌のお姉さんのコンサートなど。。

そして昨年から、悲しくも保健所で殺処分をされてしまった子達への

献花台が設けられていて、現実を知らない方たちも多く

涙して手を合わせていかれたり、子ども達自ら質問してくる子もいたようです・・・

数的には犬も猫も昨年より減ってはいても、ゼロになる日がくることを

心から願って私も献花台で手をあわせました。

そして新たに犬や猫をお迎えしたいと思ってる人がいたら

ペットショップに行くのではなく、保健所にいる子達をお迎えすることを

考えてほしいし、知らない人には教えていただきたいです・・



ところで、私がお手伝いしてる動物ふれあい広場は、毎年大人気です。

小動物の方は、うさぎ、モルモット、ゴールデンハムスター、パンダマウス

リクガメ(でっかいです!)、クサガメちゃんたち。

整理券を配布していますが、朝一番から沢山並んでくれましたよ!!

大きな動物コーナー(ヤギ、羊、ブタ、ロバさんなど)も大人気でした。

小動物の方は、A、Bと二箇所のふれあい広場があり、

動物さん達は1時間ごとに休憩になります。

広場の入口テーブルには、毎年足なしトカゲと、ボールパイソンがきます。

 あしなしとかげ

足なしトカゲちゃん、お外を見つめていますね・・

私はB班だったので、最初の1時間はボールパイソンちゃん担当?に・・

移動動物園のお姉さんと一緒に、ヘビさんとお客様とのふれあいのお手伝い。

女性や子ども達は結構強いですね。

滅多に触る機会のないヘビさんなので、触りたがります。

首にかける人もたくさんいましたよ。

もちろん、私もそのひとり♪♪

 ボールパイソンと私☆

抱っこしてるだけで、大注目になるんですが・・

首にまいてると、私もやりたいー!!っていうちびっこやお母さん、

後ろでおびえるお父さん(^-^;

やっぱり女性は強いですね・・

縁起担ぎ?と首にまいて撮影されるお母さんが多かったですよ☆

子ども達も固まりつつもまいてみる子、なでるだけの子などなど

みんな十分にふれあっていました。

この子、よくお顔を見ると可愛いでしょう~

 ボールパイソン

こちらは、私の友人が首にまいてる写真です。

ボールパイソンちゃんを首にまいた彼女の姿は、

周囲のお客様から『すごく似合ってる!!』と大絶賛でした。
 
  ボールパイソン 
  
地面におりたらニョロニョロ~っと動いてました。

今、お腹はいっぱいな状態なのでおとなしいそうですが

お腹がすいてるとちょっと恐いときもあるらしい。

この子達の食事は・・私には無理なので飼えないです・・・

だから毎年、ここで十分に触って抱っこして首にまいて触れ合ってます☆


ここからは小動物たちのご紹介 ↓ (動物さんたち、休憩中に撮影しています)

 始まるよー 

みんなイスの下に隠れてる(^-^;

 みさき似の子・・ 

この子は、初めて見た瞬間、みさきに見えてしまいました。

みさきはたれ耳でこの子は立ち耳なんだけど・・

雰囲気が似てて、始まる前から涙が出てしまいました・・

ちびなとことか、抱っこ好きで抱っこするとでろーんとしちゃうとことか

みさきにそっくりでした・・

だからついつい、ひいきしてしまった・・可愛くて・・

抱っこも慣れてる子だったので、ちびっこもお母さん達も

この子を優しく抱っこしてくれてました。 

  パンダマウス

パンダマウスちゃん達・・手のひらにのって可愛いです。
 
  ハムスター

ハムスターちゃん達もお目目クリクリで可愛すぎるっ

 ハムスター

いっぱい触れてしまうから、お疲れだよね・・ネムネム中です。

 うさ&もる 

モルちゃんとうさちゃん、可愛い~ 

  うさ&もる 

モルちゃん達のお手手、なんて可愛いのでしょう・・

  usa_20101030130123.jpg 

このグレーのうさぎさん、とっても抱っこ好きで可愛いのだけど

賢いのよね・・低いイスの下に隠れてるの。

  うさ&もる 

  usa3_20101030130123.jpg

みんなこのイスの下に入ってしまうので、お掃除の時どかすと一気に大移動~

 うさぎとかめ 

うさぎとかめです☆チュッってしてるように見えます。

  うさぎとかめ

横からみさき似の子がきて、カメさんにチュッ!

そしてこちらは ↓ 大きな動物広場です。

ブタさんがいない・・いるはずなんですが・・うつってなかったぁ

 大きな動物達 

そして、この子 ↓ 毎年来てくれてるとっても可愛いポニーちゃん。

今年も本当にお疲れ様でした。

  ポニーちゃん

今回も、ふれあい広場には沢山の方が遊びにきてくれて

短い時間の中ですが、小さな動物達と触れ合いながら

優しい気持ちになって、思いやりを持って接してくれていた子が多かったです。

イスの下に隠れてしまうのは、小動物ですから当たり前のことなんだけど

あるお父さんが子どもに対して『イスの下にいるから引きずりだせ!』といいました。

周囲はドン引きでしたが、その子がそんなことはしなかったからよかったけど・・

こちらがきつく言ってしまうと、逆ギレされたり、クレームになったりするので

こちら側も言い方ひとつで全然違うし、とても難しいです。

あとは、顔を触ってしまい、あまがみされてしまった子がいたら

今後、その子がうさぎ=噛む=恐いってならないようにしてあげないと

その子もうさぎも可哀想ではないかと私は思うのです。

だからとっても気をつかいますが、やっぱり子ども達にもお母さん達にも

動物好きになってほしいなって思います。

ホントに心優しいお母さんもいましたよ。

お母さんが子どもに『こうやって優しく抱っこしてあげて』とか

色々教えてあげてるんです。

そのお母さんの子どもは、やっぱり優しい。

あったかい・・可愛い・・って言いながら優しくナデナデ。

子どもは親を見てるんですよね・・・

接し方のわからない親御さんだってもちろんいますが、

親が子どもの前で動物達に優しく接することで、子どもも同じようにしようとしてたり。

親が動物を恐がってると、その子どもも恐いものだと思ってしまってたり。

全員そうとは限りませんし、人それぞれではありますが・・

私には子どもがいませんが、いなくったってやっぱり見てるとわかります。

ここに来てくれた子ども達が、可愛い動物達と触れ合うことで

命の大切さを知って、優しい気持ちを持った大人になってほしいです。

イベントが無事に終了し、帰宅してそっこう着替えて洗濯もして

お風呂にも入ってさっぱりしたので、来夢、麗華、瑠夏、すみれには

他の子達といっぱい触れ合ってきたことは、ばれずにすんだようです。。。

みさき似の子、連れて帰りたかったな・・・

でもあの子はあの子、みさきはみさきなんだよね・・

わかってるけど・・やっぱりまだ似てる子を見ると自然と涙が出ます。。

そんな時はもう止められないので泣いちゃおう。


うまくまとまらず、長文になってしまいました。

最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。




参加しています↓


うさぎブログ 

| 動物愛護 | 14:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

動物愛護法「販売時説明義務の緩和」に反対です


すでにたくさんの方がブログでも紹介されていますが、

私はうさ友さんのブログで知りました。

企画者の大野さんは、以前取材できていただいたこともあります。

私もまったく同感で、すぐに署名をしました。

右側にブログパーツも貼りました。

皆様もご協力いただけますよう、お願い申し上げます。

そして皆の願いが届き、動物達が幸せになるための力になれますように。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


動物愛護法「販売時説明義務の緩和」に反対する署名


以下↓HPより転載↓

企画者:  大野 瑞絵
提出先:  環境省・環境大臣
      中央環境審議会動物愛護部会・動物愛護管理のあり方検討小委員会
開始日:  2010年09月29日 現在、動愛法の見直しが始まっています。


その検討項目にペットショップ等での「販売時説明義務の緩和

(犬猫以外の小動物等での説明義務事項の緩和の検討)」が挙げられています。

これは、非常に大きな問題をはらんでいます。

飼育者が適切な飼育方法を理解せずに飼育を開始することは、

適正飼養、終生飼養に反することではないでしょうか。

動物をみだりに傷つけ、苦しめ、結果的に動愛法の精神に

反することにはならないでしょうか。

飼育放棄、放逐を進めることにはならないでしょうか。

制度の見直しによって犬猫以外の小動物の販売時説明義務が

緩和されることのないよう、皆様のご賛同、ご署名をお願いいたします。



参加しています↓

うさぎブログ 

| 動物愛護 | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハッピーうさぎフォーラム


書きたいことがいっぱいあって

まとまりがなくなってしまいました・・

重たい話ですみません~<m(__)m>



いまさらではありますが、6月20日、日曜日

大田区民プラザにて開催されていた

ハッピーうさぎフォーラムに行ってきました。

「捨てうさぎを出さない為にできる事」がテーマです。

HPより

『捨てウサギを出さない為に正しい飼育と

終生飼育の大切さを伝える事を目的とする啓発&アートイベントです。

ウサギを飼っている、ウサギが好きという人に限らずに、

多くの方にウサギモチーフのアートを通して、ウサギに関心を持ってもらい、

捨てウサギがいる事を伝えたいと考えています。

また、啓発展示で行うことでより深くペットを飼う事について

考えて頂きたいと思っています。』



ハッピーうさぎフォーラム 

私は一昨年、昨年も行きましたが

今回の会場は、うちからは電車だと行きづらいため

車で行きましたが、近くに駐車場があってよかったです。

会場は前回よりとても見やすかったです。

ゆっくりじっくり、見ることができました。

残念ながら、勉強会には参加できませんでしたが

今回一番気になっていたのは

『学校飼育のうさぎさんについて』

今の時代、学校飼育って必要なのかなってずっと思っていました。

私が初めてうさぎと暮らしたのは小学生の頃です。

学校で生まれた赤ちゃんでした。

私が子供の頃は今と違って決して良い食生活だったとはいえませんが

今は飼育書もあって、ペレットや牧草など

いいものがたくさんありますよね・・

そんな時代でも、予算の問題とか、環境の問題とか

色々な問題があるようです・・

きちんとした学校もあるだろうし、実際に私のうさ友さんも

母校の小学校へ出向き、教頭や校長にかけあったり

子供達にうさぎのことを教えたり

うさぎ小屋を暮らしやすいように変えていったり

一生懸命頑張って、改善にむかってる例もあります。

学校飼育では命の大切さ、尊さを学ぶものだと思ってましたが

今の時代は何か違うのでしょうか・・・

難しい問題だなって思いました。

そして『JAVA』さんのブース・・

動物実験については私も反対で署名もしています。

こういった恐ろしい現実を、知らない人も多いと思います。

自分に出来ることは少ないかもしれないけど

出来ることはやりたいと思います。

動物実験をしてるメーカーを使用しないこと、

リアルファーは買わないこと・・

ていうか、欲しいと思わないですけどね。



会場ではずっとお会いしたかったマイミクさんにも

お会いすることができました

初めましてなのに、mixiで交流してるせいか

初めましてという感じがしなくて

ついついペラペラとしゃべりまくってしまいました。。。

思ったとおり♪とても素敵な方でした

捨てうさぎの件で相談させていただいたことがきっかけで

今回初めてお会いできて嬉しかったです。



また会場内の写真撮るの忘れました・・

毎年忘れちゃうんですよね・・

会場に入ると、つい夢中で見てしまうから。。

私達、愛うさぎを大事な家族として愛する人間達にとっては

終生飼育は当たり前のこと。

このイベントに足を運ぶ飼い主さん達は同じ気持ちだと思います。

安易な気持ちでお迎えしたのはいいけど

人間の身勝手な理由で、命を捨てる人が多すぎる・・

保健所は安楽死だと思ってる人もいる。

ほんとにありえない・・

こういう人間にこそ、見て欲しいって思いますよね・・

我が家の来夢も1年ほど元飼い主の家で

可愛くない、表情がない、面白くない、

そして最後には子犬もらったから、もういらない・・

そう言われてケージごと、外に出されました。

軒下とはいえ、屋根もなく、庭でひっこぬいたような雑草が

ケージの中でひからびてました。

飼い主のばあさんが、

「生きてるから仕方ないからえさをやってる」

そう言ってました・・

えさって?そのひっこぬいた原型をとどめていない草のこと?

●はコロコロではなく、緑色のべちょっとしたものでした。

毛はぼさぼさ、爪は伸び放題、

それでも、どこかに捨てられなかっただけマシだったのかもしれません。

あの子の元飼い主は、今でも偶然会うと

「うさぎ、生きてる?」って聞いてきます。

こっちこそ、聞きたい、

あの時、来夢が邪魔者になったきっかけになった子犬は

今も元気に暮らしてるのでしょうか?

犬に罪はありませんが、元気で幸せに暮らしていてほしい。

この元飼い主も、子供が「可愛いから買って」とせがまれて

安易な気持ちでうさぎを迎えたひとりです。

子供はすぐに飽きて遊ばなくなった。

今までにも小動物達が可愛い→飽きた→いらない(飼育放棄)→死・・

これを繰り返してたらしい。

この家族には、小さな命がなくなることも

なんてことなかったってことですよね・・

来年はうさぎ年。

今テレビではうさぎブームだなんて言ってますね・・

ブームに便乗してかったはいいけど

来夢の元飼い主みたいに飽きたとか、いらないとか、

そういう人間が増えないことを祈るばかりです。

不幸なうさぎが増えませんように・・・

生きたくても病気で生きられない子もいるんだよ・・

どうか、健康な命を奪うことはしないでほしいです。

飼育放棄をしないためにもお迎え前に必ず

アレルギーの検査はしてほしいです。

引越しするからとか、子供が出来たからとか、

悲しいけど色んな理由で飼育放棄する人がいます・・

事情があるかもしれないですが・・

結局は人間の身勝手だと思ってしまいます。

終生飼育を約束できないのなら、お迎えしないで欲しいです。

うちの夫も重度のアレルギーを持っています。

女医に『処分してください』と物のような言い方をされ

怒って帰ってきたこともあります。

今は担当医もかわり、

『家族だもんね、うまくやっていきましょうね』と言ってくれてるそう。

私達にとって可愛い子供達ですから、

お互いにいい環境で暮らせるように心がけております。



はぴうさの後、今度はお買い物へ・・

場所的には大田区民会館から近いのですが

千鳥町駅まで歩いて東急池上線に乗り、

大崎広小路駅へ。。

そこからちょっと歩いて目的地へ。

大崎広小路駅のとこにあるゆうぽうとホールでは・・

さぶちゃんのイベントがあったらしく・・

しかもそれが終了した時間に遭遇したようで

会場前は高齢の方々が沢山いらっしゃいました。

道路には、大型バスがずら~りと並び、

北島三郎ツアーみたいな感じで

地方からたくさんきていたようです。

さぶちゃん人気ってすごいんですね

↓こちらの写真はご一行様たちがいなくなってから撮りました。。



100620_175000.jpg 


今日のお買い物は旦那様メインでしたが

いいお買い物ができてよかったです。

この後また電車ではぴうさ会場近くまで戻り、

急いで帰ったのですが渋滞にあい

腹ペコうさーずはちょっとご機嫌ななめでした・・














長々と書いてしまいました・・

最後まで読んでくださった方、

ありがとうございました・・・






参加しています↓


うさぎブログ


| 動物愛護 | 21:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT